トップページ > あなたにできること > 税の優遇措置について

税の優遇措置について

JCVは認定NPO法人です。寄付をされた方は税の優遇措置を受けられます。

JCVは、2006年7月1日より、国税庁から活動内容が適正であることが認められ、寄付をされた方が税の優遇措置を受けられる、認定NPO法人となりました。(2019年6月19日まで継続取得済み)

全国で約50,822あるNPO法人で認定を受けている団体はわずか938法人です。(平成27年2月末現在)

国税庁の認定を受けるためには、さまざまな条件をクリアしなければなりません。より多くのご協力をいただき、寄付が効率よく使われるため、JCVは多くの方に安心して寄付をしていただけるようこれからも全力で取り組んでまいります。

※平成24年4月1日より、管轄が国税庁から東京都に変更されました。

寄付された方は税の優遇措置が受けられます

個人で寄付をした場合

JCVへいただく寄付は特定寄付金となり、所得金額からは「寄付金控除」、税額からは「寄付金特別控除」の控除が受けられます。

法人で寄付をした場合

JCVへいただく寄付には一般寄付金とは別の損金算入限度額が設けられており、一般寄付金よりも優遇されております。

遺産や遺贈による寄付の場合

相続や遺贈により財産を取得した方が寄付された場合、その金額には相続税が課税されません。

※優遇措置に関する詳細は、国税庁のホームページに掲載されておりますのでご参照下さい。
(「国税長官の認定を受けた認定NPO法人(旧認定NPO法人)へ寄附をされる方へ」のパンフレット、
寄附金を支払ったとき(PDF/547KB))
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/11.pdf

注)募金箱による寄付や、イベント時に不特定多数の方からの寄付は控除の対象になりません。
詳しくはフリーダイヤル0120-555-895へお問合せください。

TOP