トップページ > よくあるご質問 > 寄付の方法について | よくあるご質問

よくあるご質問

寄付の方法について

寄付はどのように送ればいいですか。

募金はゆうちょ銀行募金口座でお受けしています。
振込用紙は、フリーダイヤル0120-555-895へご請求下さい。JCVからお送りする振込用紙をお使いいただく場合は、振込手数料はJCVが負担しております。ゆうちょ銀行に備え付の振込用紙をお使いいただく場合は、振り込み手数料をご負担下さい。 口座番号は00140-4-572806 加入者名は「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」です。

一覧へ戻る

銀行口座への振込みの方が便利なのですが口座番号を教えて下さい。

銀行口座へのお振込みには、お名前だけがカタカナで登録されますため、領収書をお届けすることができません。
あらかじめお名前、ご住所をお知らせいただいてから募金をいただく場合のみ、銀行口座をお知らせしております。
(Q:自動引き落とし定期募金について...参照)
フリーダイヤル、またはe-mailでご連絡下さい。

一覧へ戻る

銀行から毎月、「自動引き落とし」で定期的に寄付ができると便利なのですが。

「子どもワクチン毎月募金」にご参加下さい。フリーダイヤル 0120-555-895 へご住所をお知らせ下さい。申込書をお送りします。

子どもワクチン毎月募金について→

一覧へ戻る

クレジットカードでも、寄付ができますか?

はい。DC、VISA、MASTERCARD、UFJ、NICOS、JCB、AMEX、DINERS の8種類のクレジットカードで寄付が出来ます。お申し込みは、オンライン、お電話で受付しています。お申し込みは、フリーダイヤル 0120-555-895 までお電話下さい。

一覧へ戻る

寄付の額はいくら位から受け付けていますか。300円でもいいですか?

募金としての金額はいくらでもけっこうですが、ゆうちょ銀行に備え付けの振込用紙を使っていただく場合、手数料はご本人様の負担となりますのでご了承下さい。また、JCV発行の振込用紙で300円を振り込んでいただいた場合、JCVが振り込み手数料およそ120円を負担しますので、いただく募金額は180円となってしまいます。毎月募金、クレジットカードからのご寄付は、それぞれ手数料がかかるため、1,000円以上でお願いします。

一覧へ戻る

寄付を郵便で送ってもいいですか?

現金を通常郵便に同封することは違法です。現金が同封されていると疑われた場合は郵便局が開封し、ご本人様へ罰金の通告があります。結果は、ワクチンの為の寄付も届かず、せっかくのご協力が罰金となって返ってくることになります。差出人の住所氏名が無いときは郵便局で没収、保管されます。事務局へ届いた場合は、匿名寄付としてお受けし、資料や領収書をお送りすることができません。このような理由から現金を送られるのは、避けて下さいますようお願いいたします。

一覧へ戻る

ペットボトルキャップ回収協力について

ペットボトルキャップを集める活動に参加したいのですが、どうしたらいいですか?

「ペットボトルキャップを集めてワクチンに」という活動は、全国に広がっておりますが、これはJCVが行っている活動ではなく、アルミ缶やプルタブを回収したり、バザーでお金を集めるのと同様にワクチンを贈る運動に共鳴された方々が始められ、日本中に広がりつつある活動です。この活動をされている方々は、回収されたペットボトルキャップを、リサイクル協力団体や協力企業さまに集め、換金してJCVにご寄付いただいています。回収協力団体・企業さまは、下記リンクよりご参照下さい。

ペットボトルキャップ回収活動→

一覧へ戻る

身近なところに回収協力団体がないのですが、JCVで探してもらえるのですか?

申し訳ありませんが、該当する団体・企業様がお近くにない場合は、下記一覧にある団体にお問い合わせいただくか、お近くのリサイクル業者様に直接お問い合わせ下さい。

一覧へ戻る

未使用切手、書き損じ郵便はがきについて

大勢の人が集めてくださったものを、私が代表して送りました。皆さんに報告するための受領書はいただけますか?

寄付額の多少にかかわらず、受領書はさまざまな形でお届けしています。たとえば、学校の生徒会、ボランティアグループ、企業の組合の皆様には、お礼の文書を送らせていただきます。継続的なご協力に対しては、1年の終わりに感謝状をお送りしています。詳しくはフリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。(フリーダイヤル:0120-555-895へ)

一覧へ戻る

使用済み切手は受け付けていますか?

使用済み切手はいただいておりません。未使用切手のみをお願いしております。

一覧へ戻る

父が収集した昔の切手アルバムがありますが、中には珍しい切手もあるので額面より高く買い取ってもらえて寄付になるのではと思いますが。

切手の専門家によりますと、切手収集家は世界的に減少し、切手の評価額もそれにともない全般的に低くなっていることから、額面以上の換金は難しくなっています。事務局では、切手商に預けて評価を待つということは時間的にもできないので、所有者が直接、切手の評価額をご確認いただいた上で、換金後寄付としていただくことをお願いしています。

一覧へ戻る

未使用切手ですが、1円、5円、6円などの小額切手がバラバラでありますが役立ちますか?

未使用であればどんな小額切手でも役立ちます。少額の切手をそのまま事務局で使うのではなく、これらの切手は、郵便局の指示通りに整理して持参し、手数料を差し引いたあとの総額を切手、はがきにとり換え、資料、受領書、お礼状発送などに使わせていただきます。

一覧へ戻る

書き損じはがきに自分の住所などが印刷されているものや、私的な文書が残っている場合、個人情報が利用されるようなことはありませんか?また、はがきはどのように処理されますか。

全国から送られてくる書き損じはがきは、事務局スタッフが、枚数と、郵便局の消印が無いことを確認して郵便局に持ち込み、新しい切手、はがきに取り替えます。その過程で、個人的な住所、文書に注意を向けることは時間的にほとんど不可能ですが、もしご心配であれば、住所などを墨で消してお送り下さい。写真加工で官製はがきの厚みがあるものでもかまいません。郵便局ではシュレッダー処理をして再生紙に活用するとの回答です。

一覧へ戻る

ワクチンについて

今、世界では、どんなワクチンが必要なのですか?

世界の医療行政に携わるWHO (世界保健機関)、現地の医療支援に従事しているUNICEFや、当事国支援先国の厚生省保健省のスタッフなどの報告をもとに「子どもに必要なワクチン」についてお答えしますと、乳幼児の死亡率を高めている「はしか」「ポリオ」「百日咳」「結核」「破傷風」「ジフテリア」などのワクチンが必要です。

これらは、六大感染症と呼ばれ、ワクチンさえあれば子どもたちの命を助けることができます。

一覧へ戻る

途上国へ贈るワクチンは何処で買うのですか。日本の製薬会社ですか?

日本の製薬会社からではありません。現在、JCVはUNICEFに依頼し、もっとも安いワクチンを国連価格で購入しています。ワクチンはJCVが指定する国へ、直接発送されます。
日本では、少子化、予防接種完全普及などの環境の改善に伴い、国内で必要なワクチンだけを製造しているため、ワクチンの原価は高い物になっています。
こちらのページもご参照下さい。

世界の予防接種事情について→

一覧へ戻る

ポリオワクチンについて知りたいのですが。

JCVが支援しているポリオワクチンは、注射でなく口から飲む液体で弱毒化された生きたウイルスから生成するので「生ワクチン」と呼ばれています。WHOはそれぞれの国の事情に合わせて、標準的な接種回数を決めていますが、1人の子どもに2回(2~4週間の間隔をおいて)飲ませると腸から吸収され、免疫をつくる効果があるとされています。1回に0.05mlの生ワクチンを20人分のワクチンが入っている、小さい弾力のあるプラスチック製の容器から強く押し出して(2滴)子どもの口に入れます。

また、ポリオワクチンは高品質の大変予防効果の高いワクチンでありながら原価は安く、約20円で1人の子どもをポリオから守ることができます。
しかし、生ワクチンは熱に弱いという特性があり、ワクチン接種の直前までは冷凍状態で保管されています。マイナス15度~20度で保管するためには冷凍倉庫の設備、停電などの多い途上国での保管には自家発電装置も必要となります。輸送、管理に経費がかかります。
こちらのページを参照下さい。

コールドチェーンについて→

一覧へ戻る

ポリオワクチンは何歳ぐらいの子どもに飲ませるのですか?

WHOのポリオ根絶計画では、主に発展途上国の5歳未満の子ども達を対象にしています。通常の定期予防接種であれば、生後14週の間に、3回のポリオワクチン接種が標準的であるとされています。

一覧へ戻る

JCVは多くの途上国がワクチンに関する援助を必要とする中で、なぜミャンマーに集中した支援をしているのですか?

大きな理由として3点あります。

1)ミャンマーは1990年のはじめごろから政治的に不安定な状況にあり、非民主国家として日本政府を始めとする国際社会からの援助資金が、他の途上国と比較して、極めて少ない状況にありました。2011年の民主化後もまだまだ国の財政難は続いています。一方で、アジアの途上国の中で、5歳未満死亡率が最も高い国のひとつです。こうした状況下では、JCVのような民間からの支援が不可欠となっています。

2)ミャンマー政府は、贈られたワクチンを、ミャンマー全域の子どもたちに確実に届け接種することができる保健医療行政を着実に実施しています。例えば、援助を必要としている国の中には、ワクチンの管理体制がずさんで、届けられたワクチンが、規定の低温で保管されず、炎天下の路上に放置され、ワクチンの効力が無くなってしまう様なケースも見られます。ミャンマーでは貧しい環境にもかかわらず、医療知識水準の高い保健省の指導でワクチン管理システムは厳格にまもられています。その点でも、私たちは安心して貴重な募金で購入したワクチンを届けることができます。

3)ミャンマーでは、2001年以降、ポリオウイルスに感染して発症した子どもが出ていませんでした。これはミャンマー政府が、JCVを始め、他国から提供されたワクチンを確実に接種した証です。しかし、国内では根絶したと思われる野生株ポリオウイルスでも、国境地域では、まだ周辺の国から、まだ野生株ポリオウイルスが輸入される可能性が高く、予断を許さない状況となったのです。すでに根絶宣言をした途上国でも、そのあと数年の観察期間がおかれています。支援側は最後までその成果を見届ける義務があることを示唆しています。

そして、ミャンマーでは、2006年に1例、2007年に15例、2010年に1例、ポリオの発症が報告されてしまいました。全国一斉予防接種キャンペーンが、2007年7月~12月に800万人の子どもたちに対し行われましたが、現在もワクチン接種と推移を見守る途上にあるのです。

一覧へ戻る

その他

ワクチンキャンペーンのテレビや新聞広告に有名なタレントが出ていますが、出演料や広告料金はかなりの金額になるのでは。その分をワクチンに使うことはできないのですか?

これまでの広告は、制作費はかかるもののすべてACジャパン(旧:公共広告機構)の支援によって無料で掲載いただいています。出演タレントについては、あくまでもACジャパンの主旨に賛同して出演されており、JCVからの出演料はありません。

一覧へ戻る

ボランテイア志望ですが、ワクチン募金のために何をすればいいか教えて下さい。○○市に住んでいますが世界の子どもにワクチンを 日本委員会の支部はありますか?

JCVでは、地域支部はありません。事務局は東京にあるだけです。ただし全国各地でJCVの活動に参加されているボランティアの支援者の方たちがおられます。その方たちは、募金活動やテレカ・切手・書き損じはがきの回収活動を行いJCVへ届けていただいたり、ペットボトルキャップを回収して換金し、ご寄付にしていただいたり、さらにはJCVの活動をいろいろな人に伝える「おしゃべりボランティア」としても協力いただいています。できることから、 JCVの活動に参加して下さい。

一覧へ戻る

TOP